top of page

Company detail

企業概要

紡ぐ技術で、日本を支える

昨今のデジタル社会の発展は日々進化を続け、その恩恵の裏側で手仕事の技術は衰退傾向にある事がメディアでも取り沙汰されています。
私たちは汎用機、特に旋盤を主にした物作りの技術を先代より受け継ぎ、またNCワークのメリットも柔軟に取り入れ現在も日本・海外のクライアント様からのご依頼を受け
​この手の汚れの数だけ日々物作りをしております

アナログである事の心

工作機械・自動車部品・航空部品など金属加工の分野だけではなく、什器から遊具食品・縫製・家具まで幅広いクライアント様がおります
皆様が私たちにとっては親会社であり大切なパートナーと考えます

製造の幅が広がりグローバル化が進む一方、見落としがちな人と人の信頼や親身に寄り添う形はこのデジタル社会のおいてアナログで在りたいと考えております
組織である前にコミュニティーという概念を会社内に浸透させる事で管理者と従業員はなるべくフラットで透明​。クライアント様との距離は尊厳を損ねずフランクに手と手を取り合い真摯に向き合える会社である事をお約束いたします

社名

株式会社 佐久間工業

資本

10000000​円

​創業

1960年1月24日

住所

503-0961
岐阜県大垣市青柳町1-241

TEL : 0584-89-1669

FAX : 0584-89-8016
 
MAIL : mail@sakumakogyo.co

加工姿

General=Special

汎用機の​メリット

汎用性があるという事はどういった意味か
要は融通が効くと言う事が大きなメリットです
また英語にした場合Generalと言われたりしますが対義語はSpecialとなります
ですが私達は汎用機を使い知恵と技術を注ぎ込みスペシャルな仕事をしています

では融通が効く汎用機のスペシャルな部分とはどこか?
まずは「修理加工の時」それと「小ロットの時」ではないでしょうか?
NC加工ではプログラムしているリードタイムの時間に汎用機では製作が完了してしまう
ケースもあるかと思います。
特に修理の場合は必要性が発揮されます
摩耗尽くし欠損していたり応急処置で溶接し繋いだのはよいが芯も出ず材質硬化の為、刃物負けしプログラムのテープを作る事が困難な場面もあると思います。資料もなく現物から再度図面を描く作業に追われる時も汎用機であれば、ある程度のトレース力と技術でまかなえたりもできます

まだまだ伝えきれない手仕事の業はありますが
お困りの時は既製品や規格に捉われず、一度ご相談ください

repair
bottom of page